螺旋山実例(v0.5)

設定と目標

サイクル1乾季:難しい計画と忙しい日程

サイクル2乾季:悪潮対策の準備

サイクル3雨季:悪潮警告、緊急備蓄

サイクル3悪潮:悪潮で植物全滅

サイクル4雨季:高台の伐採

サイクル4乾季:悪潮対策完成

サイクル7雨季:工業地区

サイクル9悪潮:貯水湖完成

サイクル11悪潮:汚水工業地区

サイクル14乾季:汚水の放水

サイクル14乾季:まとめ

プレイ後に追記した補足や反省点は赤字にしてあります。

マップ別の実例

マップVer陣営コンセプト
01 平原0.5BetaFolkアプデ内容確認
02 湖0.5BetaIron水流の一本化
03 滝0.5BetaFolk汚水の利用と対策
04 クレーター0.5正式Iron地区間移住・輸送
05 サウザンド諸島0.5BetaFolk水道橋と灌漑
06 ジオラマ0.5BetaIron巨大ダム湖
08 台地0.5BetaFolk貯水湖,風車地帯
09 山脈0.5BetaIron回し車工業地帯
10 渓谷0.5正式Folkその他の悪潮対策
11 蛇行0.5BetaIron用水路とボット
12 螺旋山0.5BetaIron通年汚水水車

設定と目標

 Version 0.5
 マップ:螺旋山 256x256
 陣営:アイアンティース
 難易度:ハード

マップ紹介

螺旋山マップがアップデート5で大幅に調整されました。螺旋山があること以外、全くの別物です。

このマップは川が長いので、動力は水車が合います。汚水の放水を利用すれば、一年中安定した動力を得られるようになります。今回のプレイでは、汚水の放水を最終目標とします。

サイクル1乾季:難しい計画と忙しい日程

螺旋山

前面の川幅が広いので、ダムを作るのも大変ですし、水車を建ててもあまり回りません。そこで、画像の位置に堤防を建て、川の流れを北側へ変えて、そこで水車を回します。

しかし、その工事が大変です。堤防を建てるには階段が必要で、階段を建てるには板が必要で、階段と堤防をアンロックするのに科学ポイントも必要です。

堤防の1段目を完成させる前に雨季が終わってしまいましたが、このマップは水源の水が流れ切るのに20時間くらいかかるので、乾季の初日に堤防の1段目を完成させるのに成功しました。

サイクル2乾季:悪潮対策の準備

螺旋山

堤防とダムが完成し、川の水位が1段上がりました。これで、浅瀬部分にマングローブを植えられます。

次は、悪潮対策です。画像の左上の位置に堤防と水門を建築し、悪潮が来たら汚染水を西側へ流します。現状、水門分の科学ポイントは集まったのですが、板が全然足りません。

難易度ハードの場合、悪潮が絶対に発生しないのはサイクル2までですので、サイクル3に悪潮が発生したら、せっかく植えた作物と木が全滅します。悪潮がいつ発生するかが、螺旋山マップの最大の運試しです。

その後のアップデートで、難易度ハードでもサイクル3まで悪潮が発生しないようになりました。

サイクル3雨季:悪潮警告、緊急備蓄

螺旋山

最悪なことに、サイクル3で悪潮が来ることになりました。悪潮対策の堤防は間に合わないので、水と食料を備蓄して耐える戦略に切り替えます。

その後のアップデートで、難易度ハードでもサイクル3まで悪潮が発生しないようになりました。

現在、ビーバーが12匹なので、水を200貯めたら、8日間耐えられます。汲水ポンプ2台と小さいタンク6槽で最大210なので、それが目標です。食料も同量必要なので、それも並行して準備します。

ただ、備蓄で耐えても、植物が全滅してしまうので、悪潮対策の堤防建設がさらに遅れます。悪潮対策が難しいマップは、悪潮がいつ発生するかの運任せな展開になりがちです。

サイクル3悪潮:悪潮で植物全滅

螺旋山

悪潮はたった3日間ですが、樹木も作物も一瞬で萎えました。雨季に汚染水が洗い流されて、次の作物が育つまでは、今ある食料で耐えなければなりません。備蓄食料は、15日分です。

このマップの厄介な点の1つが、マップのほぼ全域に汚染が届いてしまうことです。汚染の影響から逃れたベリーはマップ北東の極一部のみですので、備蓄食料が切れたら死ぬしかありません。

ビーバー自身も汚染水に触れると中毒になるので、川底の道は解体し、対岸の施設も全部禁止にしておきます。

サイクル4雨季:高台の伐採

螺旋山

悪潮を乗り切りましたが、雨季が始まって38時間経ったというのに、まだ汚染水が残っています。汚染中毒は絶対に避けたいので、もう少しだけ陸地で作業します。

収穫間近だったマングローブが全滅したため、丸太が不足しています。北側と南西の高台に木が残っていますので、丸太を使い切る前にここを伐採に行きます。

サイクル4乾季:悪潮対策完成

螺旋山

サイクル4が乾季だったため、悪潮対策を完成させることができました。雨季に水門を開ければ、南側(地区側)へ水が流れ、悪潮時に水門を閉じれば、汚染水が西側(マップ外)へ流れます。

ただ、画像で水が残っているように、悪潮が終わってもここに汚染水が一定量残ってしまいます。十分に水で洗い流してから水門を開けるか、西側の土をダイナマイトで削って汚染水が抜けやすくするか、どちらかが必要です。

サイクル7雨季:工業地区

螺旋山

工業地区をご紹介します。最終的にこの東に工業地区を作り、汚水の放水で一年中で水車を回す予定ですが、そのための資材をここで生産します。

小型水車が10基あり、1100馬力前後出せます。当初はこの東に汚染水車を建ててナンバークランチャーを稼働させる予定だったのですが、この馬力ならここに1台置いても大丈夫そうです。

サイクル9悪潮:貯水湖完成

螺旋山

貯水湖が完成し、水を貯めました。現在、悪潮が発生していますが、水が切れる心配も、汚染水が混ざる心配もありません。

実は、この計画に決定するまでは、地区の南東に貯水する方法や地区の南西に貯水する方法も検討したのですが、貯水量の問題や今後の発展性を考慮して、ここが最適と判断しました。

この貯水量なら、仮に今後、南東や南西を開発しても、それら全てに水を供給することも可能なはずです。

サイクル11悪潮:汚水工業地区

螺旋山

地区の東にある汚水川の流れを整備し、水車を回しています。この水車は、雨季でも悪潮でも回ります。止まるのは乾季だけです。

現状は大きな水車2基だけなので、800馬力くらいしか出せませんが、どんどん追加する予定です。

サイクル14乾季:汚水の放水

螺旋山

汚水源2つに汚水の放水を建て、乾季でも汚染水が湧き出るようにしました。これで、一年中水車を回し続けることができます。乾季に水車を回せるのは、アイアンティース陣営の特徴でもあります。

大きな水車4基で1600馬力くらい出ています。今は汚染水だけで水車を回しているので、この程度ですが、雨季は水も加わってさらに大きな馬力を出せます。

隣接する2つの工業地区をパワーシャフトで繋いであるので、最初に作った工業設備も一年中使えます。

サイクル14乾季:まとめ

悪潮対策、貯水湖建設、汚水の放水を完成させ、やりたいことは達成したので、今回のプレイについてまとめます。

螺旋山マップの良い点は、汚水川が近くにあり、汚染水の湧出量も多いことです。汚水の放水さえ完成させてしまえば、一年中汚水水車を力強く回すことができます。つまり、アイアンティースがおすすめです。

螺旋山マップの悪い点は、悪潮対策をしても、マップの大部分が汚染されることです。悪潮の影響を最小限に抑えようとしたら、螺旋山の大規模工事が必要になりますが、マップのシンボルを破壊するほどの造成はどうなんでしょう。

このマップの対策として、悪潮対策が完了するまで、ビーバーは増やし過ぎない方が良いです。悪潮でマップ全体が一気に枯れますので、下手をすると、大飢饉で全滅します。

今回の攻略に関しての反省点としては、もっと早く汚水水車の準備をした方が良かったことです。難易度ハードでは雨季が短いため、板などの生産が遅れがちでした。

その他の攻略情報