ジオラマ実例(v0.5)

設定と目標

サイクル1雨季:森番の詰所

サイクル1乾季:全体計画

サイクル4雨季:ダム建設

サイクル4悪潮:悪潮対策

サイクル5雨季:ダム建設中の水量調整

サイクル8悪潮:巨大ダム湖完成

サイクル10乾季:住居地域

サイクル11乾季:工業地帯

サイクル11乾季:まとめ

プレイ後に追記した補足や反省点は赤字にしてあります。

マップ別の実例

マップVer陣営コンセプト
01 平原0.5BetaFolkアプデ内容確認
02 湖0.5BetaIron水流の一本化
03 滝0.5BetaFolk汚水の利用と対策
04 クレーター0.5正式Iron地区間移住・輸送
05 サウザンド諸島0.5BetaFolk水道橋と灌漑
06 ジオラマ0.5BetaIron巨大ダム湖
08 台地0.5BetaFolk貯水湖,風車地帯
09 山脈0.5BetaIron回し車工業地帯
10 渓谷0.5正式Folkその他の悪潮対策
11 蛇行0.5BetaIron用水路とボット
12 螺旋山0.5BetaIron通年汚水水車

設定と目標

 Version 0.5
 マップ:ジオラマ 50x50
 陣営:アイアンティース
 難易度:ハード

マップ紹介

アップデート5で汚水と悪潮が追加されました。ジオラマは、悪潮対策が数通りあります。

今回のプレイでは、最も簡単な悪潮対策で完封します。それから、巨大な貯水湖と大きな水車の活用法もご紹介します。

今回のプレイの途中でアップデートがあり、汚染が赤色からこげ茶色に変化しました。この画像はアップデート前の色です。

サイクル1雨季:森番の詰所

ジオラマ

ジオラマでは、序盤から中盤まで深刻な丸太不足が発生します。まずは階段で行動範囲を広げ、それから発明家と製材所を建築し、雨季の間に森番の詰所を稼働すると良いです。アイアンティースなら、浅瀬のマングローブでも丸太を入手できます

この後は、悪潮対策の準備をします。水源まで移動するために足場が必要ですので、地道に科学ポイントと板を集めます。板は水車を利用するので、雨季の間しか生産できません。

サイクル1乾季:全体計画

ジオラマ

全体計画は、画像の通りです。マップ西側は巨大ダム湖にする予定です。急いで科学ポイントを集めるため、発明家は5軒と多めです。

工業地区は、既に建物1つ1つの配置まで決めてあり、それを基準に道を敷いてあります。住居と工業地区の経路で飲食するように計画してあります。遺跡は北側にもありますが、工業地区に近い南西側を利用します。

仮工業の位置に小型水車をどんどん追加したいのですが、悪潮対策の方が優先度が高いため、しばらくこのままにする予定です。

サイクル4雨季:ダム建設

ジオラマ

サイクル4で早速悪潮が来るのですが、既に悪潮対策は完了していますので、今はダム建設に取り掛かっています。

今回は、最大深度6の巨大ダムを建設します。堤防3の上に三重水門を建て、放水も可能にする予定です。建設に時間がかかるので、まずは放水が可能になる深度4のダムを建設します。

建設の優先順位を5段階指示できるのですが、同じ優先順位の場合、命令を出した順番に建設しようとします。ダム建設のような複雑な建設の場合、建設してほしい順番に建設指示を出すと、優先順位を設定しなくても、その順番に建設してくれます。

例えば画像のダム建設の場合、下の段の堤防は道の手前から指示を出し、それから上の段の堤防を道の奥から指示を出してありますので、途中で道を塞ぐようなこともなく、建設してくれます。

サイクル4悪潮:悪潮対策

ジオラマ

このマップの場合、水源の正面を水門で塞ぎ、湧き出る汚染水を堤防でマップ外へ流すだけで、完璧な悪潮対策になります。ダイナマイトを使う方法もあるのですが、この方法の方が完成が早いです。

注意点として、水門を閉じた直後は水が荒ぶることです。一部の水が堤防から溢れてしまいますので、悪潮が来る少し前に水門を閉じ、水が安定してから悪潮を迎えると良いです。悪潮対策が上手く行くかも含め、雨季の間にテストしておくと良いです。

サイクル5雨季:ダム建設中の水量調整

ジオラマ

雨季に上流ダムを建設する場合、下流に水を流しつつ、水が溢れないように堤防を建設しなければなりません。

そのための水量調整として、水源隣の水門を高さ1.0まで上げて、水をマップ外にも排出しています。水量が少ない方がコントロールしやすいです。

サイクル8悪潮:巨大ダム湖完成

ジオラマ

巨大ダム湖が完成しました。水の心配もなくなり、このマップからあらゆる脅威が排除されました。

全体マップを紹介するついでに、道も表示しました。遠回りが少なくなるように計画してあります。

住居と工業地帯も良い計画を立ててあるので、今後はそれらを紹介する目的で町づくりを続けます。

サイクル10乾季:住居地域

ジオラマ

アイアンティースの住居は高さが段々になっていますので、長い上り階段の土台に利用できます。この画像の場合、住居の奥の上部に階段があります。

住居の幅が薄いので、装飾の範囲内に集めやすいです。装飾の配置と建築順序に少々注意が必要で、この画像の場合、屋根とランタンを最後に建築します。

サイクル11乾季:工業地帯

ジオラマ

工業地帯をご紹介します。当初の想定よりも複雑になってしまったため、参考にはならないと思います。

大きな水車3基と小型水車1基で830馬力ほど出ますが、それでは不十分なのでエンジンを加えました。右上の小型水車2基と工業用製材所1棟以外は、全て繋がっています。

工業地帯は3階層で成り立っています。東半分が低い土地で、西半分が高い土地で、その高低差を食料工場で繋いでいます。1階部分が道や倉庫で、その上に工場があります。

南東側に汚染された土地があるので、何かを付け足すことはできるのですが、これだけでも十分だと思います。

サイクル11乾季:まとめ

ジオラマ

湖上に汲水ポンプを建てたり、北側の土地をダイナマイトで削ったりしていますが、これらの開発はただの暇つぶしです。今回のプレイを総括します。

ただでさえ狭いジオラマに汚染源が追加され、以前よりもさらに狭く感じます。ダム湖を完成させるまでは大量の丸太が必要になるため、使えるスペースがかなり限られます。

そこで、階段下に住居を建てたり、複雑な構造で工業地帯を作ったりして、スペースを確保したのですが、立体構造が苦手な方には難しいかも知れません。

今回は汚染川に水車を並べたのですが、ダム湖上に建物を並べ、エンジン(フォークテイルなら風車)を動力源とした方が簡単かも知れません。汚染水を南のマップ外に流せば、マップ南東の土地も農業に使えるようになります。

その他の攻略情報