平原実例(v0.5)

設定と目標

サイクル1雨季:全体計画

サイクル2乾季:悪潮対策の工程

サイクル4乾季:水源への通路建設

サイクル6悪潮:悪潮の被害

サイクル7乾季:渇水

サイクル8乾季:上流ダム湖完成

サイクル9雨季:汚染川を利用した工業地帯

サイクル9悪潮:最高の悪潮対策

補足:その他の開発例

プレイ後に追記した補足や反省点は赤字にしてあります。

マップ別の実例

マップVer陣営コンセプト
01 平原0.5BetaFolkアプデ内容確認
02 湖0.5BetaIron水流の一本化
03 滝0.5BetaFolk汚水の利用と対策
04 クレーター0.5正式Iron地区間移住・輸送
05 サウザンド諸島0.5BetaFolk水道橋と灌漑
06 ジオラマ0.5BetaIron巨大ダム湖
08 台地0.5BetaFolk貯水湖,風車地帯
09 山脈0.5BetaIron回し車工業地帯
10 渓谷0.5正式Folkその他の悪潮対策
11 蛇行0.5BetaIron用水路とボット
12 螺旋山0.5BetaIron通年汚水水車

設定と目標

 Version 0.5
 マップ:平原 256x256
 陣営:フォークテイル
 難易度:ハード

マップ紹介

アップデート5で汚水と悪潮が追加され、治水も都市計画も大きく変化しました。

このプレイがアップデート5初挑戦ですが、大まかな攻略方法は仕様を確認した段階で思い付いていますので、いきなりハードでもおそらく大丈夫です。

今回の目標は、汚水の利用と対処法です。細かな仕様も確認してみます。ボットやテラフォーミングまではしない予定です。

サイクル1雨季:全体計画

平原

汚染川の水は飲めませんし、その周囲の土地では農業や林業を行えません。しかし、年中汚水が流れ続けることを利用し、水車を回し、その周囲を工業化させます。干ばつの長い難易度ハードでは、安定的に水車を利用できることは大きなメリットです。

この後のアップデートで、乾季は汚水源の汚染水も湧かなくなるように修正されました。汚水水車を年中利用できるには、それ専用の設備があるアイアンティース陣営だけです。

汚染川の周囲で活動する時間が長いので、住居も汲水も農業もその近くに建てる予定です。汚水の範囲や影響の細かい仕様が分からないため、今回のプレイでテストしてみます。テスト結果を確認してから都市計画を立てるので、まだロッジも農場もありません。

それから、インターフェイスに重要な情報があります。現在はサイクル1の5日目で、あと0.5日後に干ばつがやって来ます。0.5日の部分にある画像は、もうすぐ干ばつが来ることを示しています。悪潮が来る場合、ここの画像が異なります。

画像が黄色だったら干ばつ、赤色だったら悪潮です。3日前の警告が出たら、注意して見ておきましょう。この画像にカーソルを合わせることで、次に何が来るか、文字で確認することもできます。

サイクル2乾季:悪潮対策の工程

平原

最短で悪潮対策を目指しています。必要なのがダイナマイトと三重水門です。

序盤は悪潮が発生しない仕様で、それから確率(難易度による)で発生するようですが、難易度ハードでは間に合いそうもありませんので、何度かは中くらいのタンクで耐える展開になりそうです。

工程は以下の通りです。時間のかかる歯車と金属ブロックの必要数も確認しました。

 (1) 歯車製造所   ←完成済み
 (2) 中くらいのタンク(歯車20)
 (3) 清掃員の基点
 (4) 精錬所     (歯車20)
 (5) 足場(トリプル)
 (6) 汚水ポンプ   (歯車10, 金属ブロック 5)
 (7) 爆薬工場    (歯車30, 金属ブロック30)
 (8) 三重水門
 (9) ダイナマイト

タッパーの小屋と天文台も欲しいのですが、その科学ポイントを貯めるほど時間的余裕がなさそうなので、悪潮対策が完了してからにします。

今回のプレイを振り返ると、科学ポイントが最も遅れました。この時、研究家は3軒ですが、最初から4軒あった方が良いです。

サイクル4乾季:水源への通路建設

平原

悪潮対策にもいくつか方法がありますが、今回は水源を水門で囲います。現在は、そこへ続く通路を建設しています。この作業は、一部の区間で川底を移動するため、実際に悪潮が来てからでは行えません。雨季か乾季の間に行います。丸太は現地調達できます。

川を通らないルートを作っておくべきでした。難易度ハードは悪潮の期間も長いので、工期が大幅に遅れました。

悪潮対策が終わったら、上流ダムを作ります。上流ダムを作ってから悪潮対策をすると、ダムに汚染水が貯まってしまうため、必ず悪潮対策を先に行います。

サイクル6悪潮:悪潮の被害

平原

悪潮対策が完了する前に悪潮が来ました。日数の部分の画像が赤いので、3日前の警告の段階ですぐに準備しました。

まず、汚染水から7マス以内にある植物は、一瞬で枯れます。そのため、貯水と食料備蓄を進めます。今回の場合、ビーバーが18匹なので、食料と水を300以上貯めれば、8日間は大丈夫です。

汚染水が集落に到着する少し前に、水中にある道を解体しておきました。画像のように、最短ルートは川の中を移動しますが、その道を解体しても、安全な迂回路があります。

ビーバーが汚染水に触れると、中毒症になります。中毒症の治療には除染ポッドが必要で、除染ポッドは科学ポイントも材料もそれなりに必要なので、罹らない工夫をした方が良いです。

この後のアップデートで除染ポッドはアイアンティース専用に変更されました。フォークテイルはハーバリストで解毒剤を作って治療します。

細かい仕様ですが、ダブルロッジの1階部分が水没しても、ビーバーは中毒症になりません。汚染水のスペースを有効利用したい場合、こんな方法もあります。

悪潮が到着する前に、地区の中心のすぐ西にある溜池の入口を堤防(水門を解放する余裕はない)で塞いでおけば良かったです。ここに入った汚染水は、雨季になってもなかなか抜けませんでした。

サイクル7乾季:渇水

平原

雨季7日間の後に乾季14日間が来て、乾季11日目に川の水が完全に涸れました。20日間で1ブロック分の高さの水が自然蒸発するので、半ブロックの水なら10日間で涸れてしまいます。

この後のアップデートで、蒸発量は水域面積で変動するようになりました。この川なら、アップデート4までとほぼ同じ蒸発量ですが、狭い溜池や用水路だと、急激に蒸発します。

そのための対処法として、下流の湖から水を汲んだり、上流のダム湖から放流したりするのですが、下流の湖は汚染水で満たされ、上流は悪潮のせいで工事が遅れてしまいました。

タンクの水も切れましたが、残り3日間なのでこのまま進めます。悪潮対策も上流ダム湖も完成したため、今回のプレイで危機はおそらくこれが最後です。

サイクル8乾季:上流ダム湖完成

平原

上流ダム湖が完成し、最初の乾季が来ました。乾季なのに、水で満たされています。

乾季や悪潮の期間の飲み水は、基本的に雨季の間にタンクに貯水しておきます。上流ダムの水は、川の水位を保つことに利用します。これで水生栽培も可能になります。

サイクル9雨季:汚染川を利用した工業地帯

平原

汚染源からは、季節にかかわらず汚染が出続けます。そこに水車を並べ、その両脇に工業施設を建てれば、年中安定した動力を得ることができます。

この後のアップデートで、乾季は汚水源の汚染水も湧かなくなるように修正されました。汚水水車を年中利用できるには、それ専用の設備があるアイアンティース陣営だけです。

風車と重力バッテリーよりも安定し、エンジンと違って労働者や燃料も必要としませんので、最強の動力と言えます。難易度ハードでは特に便利です。

この後のアップデートで、エンジンも無人で稼働するようになりました。

この画像では、汚染川の隙間を堤防で埋めて流れを強めたり、ロッジを利用して段差のある部分に動力を伝えたり、細かなテクニックを利用しています。

サイクル9悪潮:最高の悪潮対策

平原

悪潮が発生したので、悪潮対策をご紹介します。画像の通り、水源の真正面を三重水門で塞ぎ、水源の両脇を水源より1段高い状態までダイナマイトで掘っておくだけです。

この後、マップに調整が入り、水源の脇の土地が高くなりました。

雨季は、水門を全開にすれば、普通に川に流れます。悪潮は、水門を上まで閉じれば、水源の両脇の土地からマップ外へ汚染水が排出されます。

マップ端に水源がある場合は、これがおそらく最善手です。マップの中央に水源がある場合は、他の方法が必要になります。

補足:その他の開発例

アップデート5の新要素として娯楽なども増えましたが、解説が必要な内容ではありませんので、今回の実例解説はここで終了します。

マップ紹介

その他の開発例として、汚染川の流れを変えて、下流の湖をダム湖にする方法もあります。かなり大規模な工事ですが、貯水量が圧倒的です。その代わり、汚染川で水車を回す方法は使いにくくなります。

その他の攻略情報