中盤の攻略

序盤の攻略 (伐採,貯水,植林)

中盤の攻略 (第2地区,ダム湖)

終盤の攻略 (工業化,地形変化)

丸太の節約

メープルが伐採できるようになったら、いよいよダム湖の建設が始まるのですが、それは30日も先です。それまでは、丸太不足と戦うことになります。

丸太不足を解消するには、新たな土地で木を伐採するしかないのですが、その土地へ行くには階段や足場が必要で、それを作るのに丸太が必要になります。つまり、ある程度の丸太を余らせておかないと、最悪の場合、そこで手詰まりになります。

住居、倉庫、貯水槽などをどんどん増設したくなりますが、もうしばらく我慢しましょう。それよりも、道と階段で行動範囲を広げることの方が重要です。

地区の周辺にあまり木が生えていない場合、森番の詰所でマツを一定量植えておくのも良いです。マツの成長は12日なので、メープルが育つまでのつなぎになります。

清掃員の基点で暇つぶし

丸太を節約すると、暇なビーバーも出てきます。地区の範囲に遺跡がある場合、その近くに大量の清掃員の基点を作って、金属スクラップを集めておくと良いです。

金属スクラップは、工業化を進める際に必要になります。必要になるのはもう少し先ですが、集めるだけなら、今でもできます。倉庫の備蓄品から金属スクラップを外しておけば、集めた金属スクラップを清掃員の基点に残しておくことができます。清掃員の基点は材料なしで作れますので、大量に作ってもデメリットがありません。

運搬員の拠点

運搬員の拠点のビーバーは、運搬を担当します。倉庫に物資を運ぶだけでなく、工場に材料を運んだり、工場の完成品を倉庫に運んだり、配給拠点に輸出品を運んだりしますので、他のビーバーが担当作業に集中できるようになります。

運搬員の拠点のビーバーは、力強さが+100%です。元々運べる荷物は10kgですが、運搬員の拠点のビーバーは20kgになりますので、丸太なら3本も同時に運べるようになります。

装飾

住居の近くに低木や屋根を作るのがおすすめです。研究ポイントと木材を少し消費するだけで、仕事の速さが上がります。

住居の前の通路に足場を作って、その上に乗せておけば、特に場所もとりません。

歯車製造所

高度な施設には、歯車が必要です。歯車は、歯車製造所で作ります。

歯車の材料は板ですので、製材所も引き続き稼働させる必要があります。製材所2棟、歯車製造所1棟なら、220馬力必要ですので、動力も追加する必要があります。雨季に水車だけで運用する場合は、短期間に一気に作る必要があるため、もう少し増設した方が良いです。

大きな貯水槽

歯車があると、大きな貯水槽を作れます。大きな貯水槽は、スペースの割に圧倒的に貯水できます。

大きな貯水槽が2つあると、雨季に満タンに貯めておけば、乾季は汲水ポンプを停止しても大丈夫です。汲水ポンプを止めることで、川が干上がるのを遅らせることができます。乾季にも川に水があれば、食料や丸太の生産も安定します。

ダム湖計画

乾季が長くなると、川も土地も涸れます。ある程度なら、水と食料を備蓄することで耐えることもできますが、それにも限界があります。

川の下流に堤防を作り、その手前にダム湖を作れば、乾季でも水が豊富に使えるようになり、農業が可能な土地も増えます。ダム湖建設は、Timberbornのハイライトとも言える大事業です。

まずは計画から始めます。どこに堤防を作り、どの高さまで水位を上げるかが重要です。適当な位置に堤防を作ると、膨大な木材が必要になりますので、川幅の狭まった谷が良いです。堤防は、高いほど大量の水を貯えることができるのですが、平野や既存の建物を水没させてしまうのももったいないです。どこにどんな堤防を作るかは、マップと陣営とプレイヤーによります。

研究ポイント

配給拠点に研究ポイント250、荷下ろし場に研究ポイント250、水門を使う場合は研究ポイントが最大500要ります。

結構な量ですので、研究ポイントの無駄遣いは控えましょう。

第2地区へのルート

堤防の建設には、上から建設する方法と、下から建設する方法があるのですが、水門がない場合は上から建設した方が楽です。高い所からなら、低い所にも手が届きますが、低い所からでは、足場を作らないと高い所に届きません。

堤防の位置と高さと建設位置を決めたら、実際にそこまで道を引いてみましょう。移動時間を考えると、ルートは最短距離が良いです。最短距離でルートを引くと、階段もそれなりに必要になります。

建設現場が第1地区の開発可能な範囲から外れていた場合、そこに第2地区を作って、第2地区のビーバーにダム建設を担当させます。ぎりぎり第1地区の範囲に入っていても、移動時間を考えたら、地区を分けた方が効率的な場合もあります。

第2地区の作り方は、道をゲートで区切り、地区の中心を新設するだけです。

堤防建設と輸送

第2地区の環境にもよるのですが、基本的に物資は第1地区から輸送した方が早いです。

丸太は大量に必要になるため、現地でも伐採をしますが、第1地区からも輸送した方が良いです。階段分の板は、第1地区から輸送しましょう。水は現地で調達できることも多いです。食料は軽いので、第1地区から輸送した方が早いです。輸送のシステムに関しては、地区と輸送をご覧ください。

第2地区では、住居と汲水ポンプを建設したら、後は一気に堤防を建設するだけです。レジャーなども要りません。フォークテイルの場合は、死んでもすぐに繁殖するので、住居なしで木材を節約するのも良いです。