Mountain Range実例

設定と目標

サイクル1雨季:全体計画と乾季の準備

サイクル2雨季:水車のための水流調整

サイクル4乾季:大きな貯水槽

サイクル5雨季:ダム建設の準備

サイクル5乾季:ダム完成

サイクル6雨季:三連ダム

サイクル9乾季:長い乾季への準備

サイクル10乾季:涸れ川対策の結果

サイクル11雨季:マップ南に第2河川

サイクル11雨季:拠点全体の紹介

その他の実例

マップVer陣営コンセプト
01 Plains0.0Folk台地に建物密集
01 Plains0.1Folk自動汲水ポンプと水生作物
02 Canyon0.0Iron巨大ダム湖
03 Diorama0.1Folkビーバー繁殖チャレンジ
05 Meander0.1Folk上流ダム湖から計画的放流
06 Mountain Range0.1Iron水分岐→涸れ川→合流
07 Terraces0.1Iron地区間輸送

設定と目標

 Version 0.1
 マップ:Mountain Range 196x196
 陣営:アイアンティース
 難易度:ハード

マップ紹介

Mountain Rangeは、湧水量が少なく、涸れ川が多いです。用水路で涸れ川に水を供給し、溢れた分をダム湖に戻す開発をします。

サイクル1雨季:全体計画と乾季の準備

Mountain Range

地区の中心から東西南北に道を延ばし、その道沿いに建物を建てます。地区の中心の北から東の方角は土地が枯れているため、ここに建物を集める予定です。

緑の地面は、農業や林業ができる土地です。ゲーム中盤から貴重になりますので、できるだけこの範囲から建物や道を減らした方が良いです。道沿いは建物に使うかも知れないので、その奥から農業に利用します。

木こりの基点には材料がいらないので、各方面に多めに作っておけば、効率的に伐採できますし、丸太置き場にもなります。

雨季の間にダムを完成させる必要があるのですが、ここは川幅が狭く、近くに木もあるため、乾季の警報が鳴ってからでも、ダム建設は間に合います。

サイクル1の乾季の最終日に川の水が涸れましたが、汲水ポンプが2台あるので、そこに溜めた水で乗り切れました。

サイクル2雨季:水車のための水流調整

Mountain Range

小型水車で製材所を動かし、そこで作られた板で足場や階段を作ろうと計画していたのですが、小型水車が時々止まるくらい水流が弱かったので、その北側に堤防を作り、川幅を狭くしました。その効果で馬力が上がりました。小型水車が思ったよりも力強いので、小型水車を増やし、この一帯を雨季限定の工業地帯にします。

ダムの手前にも小型水車を作り、小さい倉庫を通して動力を伝えます。小さい倉庫の上には、歯車製造所を乗せる予定です。この倉庫に板や歯車を入れて、その向かい側に丸太置き場を作れば、材料の運搬が効率的になります。

川のこちら側には、大量のメープルを植える予定です。少し先の話になりますが、このメープルを伐採できるようになったら、川下に堤防を築きに行く予定です。

サイクル4乾季:大きな貯水槽

Mountain Range

歯車製造所で歯車を作り、ようやく大きな貯水槽が完成しました。乾季は汲水ポンプを停止し、大きな貯水槽の水を飲むことで、川の水が涸れるのを遅らせることができます。乾季にも川の水があれば、周囲の植物が成長しやすくなります。

水源近くの高台にも森番の詰所を作り、メープルを大量に植えました。ゆくゆくはこの高台にもダムを作り、常に木が育つ環境を整えます。

下流に堤防を作るための準備として、最短ルートの道を作っています。第1地区から真南へ延ばす道なのですが、崖下に木があって、階段などを作ることができませんので、その木を伐採するための迂回路から作りました。

乾季は水車が止まり、仕事が減るため、暇つぶしを兼ねて、遺跡近くに大量の清掃員の基点を作ってあります。倉庫の備蓄から金属スクラップを不許可にすれば、清掃員の基点に溜めておくことができます。

サイクル5雨季:ダム建設の準備

Mountain Range

ダム建設現場までの最短ルートが完成したので、そこに第2地区を作り、運搬を開始しました。丸太も水も食料も第1地区から運搬しますので、かなりの重労働です。水は雨季の内に運んでおいた方が良いですが、他は乾季に入ってからでも大丈夫です。

現地周辺にある木を伐採しても良いのですが、そこへ行くための階段や足場の材料、その建設時間、伐採時間を考えると、むしろ非効率と判断しました。工期が延びると、運搬する食料や水の量も増えてしまいます。

サイクル5乾季:ダム完成

Mountain Range

仕事量が減る乾季を利用して、第1地区から8匹で輸送し、第2地区で4匹が建設をして、雨季になる前に一気にダムを完成させました。

効率的にダムを建設するには、荷下ろし場をダム近くに作ります。配送拠点のビーバーが1匹で3本の丸太を運べるのに対し、建設役のビーバーは1本ずつしか運搬できませんので、配送拠点のビーバーに長い距離を運ばせた方が効率的です。

ダムの上からだと、どれだけ下の堤防にも作業が届きますが、ダムの下からだと、階段や足場を作りながら登らなければなりません。物資と作業時間を節約するなら、できるだけ上から建設した方が良いです。

サイクル6雨季:三連ダム

Mountain Range

Timberbornで最も達成感があるシーンは、水位が上がって緑地が広がる時です。今回の場合、各地の水位を上げるために、3つのダムを建設しました。

最初に建設したのが、第1地区の南にある滝の手前のダムです。ここで水を溜めることで、乾季でも農業ができるようになります。乾季に水が涸れるのを遅らせるため、乾季はここの汲水ポンプを停止します。

次が、川の下流に建設したダム湖のためのダムです。第1地区の南の地面の高さまで水位を上げたので、ここに汲水ポンプを作れば、乾季でも水が使い放題になります。

サイクル6になって作ったのが、水源の高台に作ったダムです。水源の水位を上げたことで、高台部分にも緑が広がりました。このダムの上は、西へ進む通路にもなっています。

これまでは水に不安があったため、ビーバーを増やし過ぎないように注意してきましたが、これからはもっと数を増やしても大丈夫そうです。今までは繁殖ポッド2つでしたが、1つ追加しました。

サイクル9乾季:長い乾季への準備

Mountain Range

乾季の間、中心部の汲水ポンプは停止して、下流のダム湖から水を汲んでいるのですが、それでも乾季の期間が長くなると、徐々に蒸発して川が涸れてしまいます。乾季は残り3日なので、貯水槽の水とダム湖の汲水ポンプで問題ないのですが、農作物が涸れてしまうのがもったいないです。

これを解決する手段は、川底をダイナマイトで深くする方法です。ダイナマイトを作るための準備として、既に内陸部に工場を作ってあります。

サイクル10乾季:涸れ川対策の結果

Mountain Range

雨季の間に、川の○の位置にダイナマイトで穴を掘っておきました。干ばつ11日目の夜に川の水が干上がったのですが、この位置にはまだ水が残っているため、その周囲では引き続き農業が可能です。

それでも農地の4割くらいが枯れてしまうため、急いで川の近くに農地を拡大しました。

対応が遅かったため、乾季が終わる頃には、食料がぎりぎりまで減っていました。

サイクル11雨季:マップ南に第2河川

Mountain Range

これは、第1地区の西から東を見た画像(画像の下が西、上が東)です。第1地区の南に涸れ川があるので、そこに水を通しました。ただし、涸れ川の中腹から水を入れて、下流をダムでせき止め、上流からダム湖に水を戻す計画です。この計画にはメリットが3つあります。

用水路と涸れ川に水が通ったことで、緑の大地が大幅に増えました。今回はそこまでやり込む予定はありませんが、第2地区や第3地区を作っても良いくらいの量です。これが主なメリットです。

第1地区の南にある涸れ川は、勾配がかなり緩いため、上流側からダム湖へ水を戻すことができます。このマップは水の湧出量がかなり少ないのですが、こうすれば、溢れた水をマップ端に捨てることなく、有効利用できます。

川を分岐する際に、第4ダムを作りました。ここの水位は周囲の平地よりも高いので、乾季にも水が残ります。水が残れば、乾季の間も周囲で農業ができます。

サイクル11雨季:拠点全体の紹介

Mountain Range

工業地帯が完成し、やりたいことを一通り達成したので、ここで全体をご紹介します。

地区の中心の東から北にかけてが住居と工業地帯で、川沿いが雨季限定の工業地帯で、その他は農地と植林です。丸太、水、食料の中で最も在庫が切れやすかったのが食料ですので、農地はもう少し拡大した方が良いです。

当初は川にガマを植える予定だったのですが、検討すればするほど使いにくいことが分かったので、中止しました。川沿いに植林していない空地があるのは、水生農園として考えていたためです。

今回はここでプレイを終えますが、続きをするなら、水深の深いダム湖の近くにでも農園を作るつもりです。

Mountain Range

工場地帯は3階層になっているので、拡大した画像でご紹介します。この画像のように密集させることで、シャフトがいらなくなり、労働者の像などの効果範囲がほぼ生活圏になります。

1階には大きな倉庫が並んでいて、その上に工業用丸太置き場があり、その2つで3階が平らになるので、そこに工業系施設を敷き詰めてあります。製材所×3、歯車製造所、製紙工場、製粉所、爆薬工場、精錬所、木材加工所、天文台で1210馬力必要なので、エンジン3つで大丈夫です。実際は、いらない設備は停止しておくので、天文台を多めに作ったのですが、研究ポイントも余っているため、エンジンは2台で大丈夫でした。

建物の構造はちょっと複雑な程度ですが、それらを繋ぐ道がかなり複雑です。1階と2階の倉庫は、東西の道で繋がっています。3階へは、西側から上ります。南北方向の道は、祠と住居を繋いでいます。さらに、高台に上がる階段を隣接させて、その高台部分に木こりの基点、森番の詰所、タッパーの小屋を置いて、丸太などをすぐに供給できるようにしてあります。構造については、大きな倉庫の重ね方の方が詳しく書いてあります。

本当は、工業地帯と住居との間に序盤の建築物が残っているのですが、通路部分をご紹介するために、そこを解体してから画像を撮りました。このスペースも、最終的には倉庫と工場を並べる予定です。