Diorama実例

設定と目標

サイクル1雨季:全体計画、川にダム

サイクル4乾季:ダム建設中

サイクル5乾季:水切れ、大量死

サイクル7雨季:特殊なダム計画

サイクル9雨季:ダム完成、今後の予定

サイクル10雨季:水を入れて水が涸れる不具合

サイクル10乾季:マンション建設

サイクル12乾季:水の減少量

サイクル14乾季:意図せぬ繁殖

サイクル15乾季:地区範囲の調査

サイクル19乾季:繁殖チャレンジ開始

サイクル19乾季:途中経過183匹

サイクル20乾季:最終結果553匹、総括

その他の実例

マップVer陣営コンセプト
01 Plains0.0Folk台地に建物密集
01 Plains0.1Folk自動汲水ポンプと水生作物
02 Canyon0.0Iron巨大ダム湖
03 Diorama0.1Folkビーバー繁殖チャレンジ
05 Meander0.1Folk上流ダム湖から計画的放流
06 Mountain Range0.1Iron水分岐→涸れ川→合流
07 Terraces0.1Iron地区間輸送

設定と目標

 Version 0.1
 マップ:Diorama 50x50
 陣営:フォークテイル
 難易度:ハード

マップ紹介

Dioramaでビーバーを増やしてみます。限界に挑戦するには、ダイナマイトでマップを平坦な低地にする作業が必要で、それをするとDioramaらしさが消えてしまうため、ダイナマイト禁止という条件で挑戦します。

いきなり難問となるのが陣営です。フォークテイルは、浅い汲水ポンプのせいで大規模な貯水が難しいのですが、ハチの巣で収穫頻度が上がる点が優秀です。貯水より食料の方が確保が難しいと判断し、フォークテイルにしました。

このようなプレイは初めてなので、最適なダム湖の広さや畑の広さが分かりません。おそらく中途半端な状態で終了しますが、その結果を元に、どうすれば良いか結論を書こうと思います。

サイクル1雨季 11匹

Diorama

全体の計画としては、西にダム湖を作り、ダム湖の上に住居を作り、北に住居を作り、川沿いに食料と木を植えます。倉庫は、地形に合わせて建てる予定です。工場は、必要な建築物を建てたら解体します。

最初の乾季が来るまでに川にダムを作っただけで、もう木がかなり減りました。

サイクル4乾季 16匹

Diorama

メープルが育ち、伐採できる人員が不足しだしたので、ダブルロッジを増やしたのですが、今度は食料が徐々に減り始めました。今までは農場1匹で良かったのですが、これからは2匹必要になります。

ダム建設は、奥から行います。南側は完成しました。水が溢れそうな時のため、水門も作ってあります。

サイクル5乾季 18匹

Diorama

次のサイクルにはダム湖の下半分が完成する予定だったのですが、その前に川が涸れてしまいました。小さな貯水槽には水がありますが、とても4日間は持ちません。

急遽川の下流に汲水ポンプを作り、そこで水を汲み上げましたが、ここの水も残り2日を切ったところで切れました。狭いマップは川も短いため、涸れるのも早いです。

時間的に雨季まで耐えられるか微妙だったのですが、10匹が死に、9匹が残りました。ビーバーを増やすのは、ダム湖が完成してからにすべきでした。

サイクル7雨季 12匹

Diorama

渇きで10匹が死んだ後も、ニンジンが枯れた影響で4匹が餓死しました。最少大人5匹まで減ったのですが、数が減ったことで水と食料の消費量が減り、その後、12匹で安定させています。

その間にダム湖の下半分が完成し、とりあえず危機は乗り越えました。今回のダム計画は少し特殊なので、ここで解説します。

水門が3段、汲水ポンプが2段なので、基本的にフォークテイル陣営では深いダムは作れません。そこで今回は、6段のダムを作り、湖面に汲水ポンプを並べ、その2段下の水中にも汲水ポンプを並べます。これで、水位が低下しても、計4段分の水を汲めます。下2段の水は汲めませんが、ダムの底の部分は水量が少ないので、そこはあえて余らせます。ダムはあと2段上げますので、画像の汲水ポンプは水中に沈みます。

川の水も徐々に蒸発しますので、ダムの上3段に水門を作り、時々放流します。水位がそれ以下に下がった時は、放水場を利用します。この部分は建築にも注意が必要です。一気に下3段に堤防を作ると、ダムに水が貯まるまで川に水が流れませんので、雨季に水が溢れてから堤防を作り、川に水を供給しながら徐々に堤防を上げていきます。

サイクル9雨季 18匹

Diorama

ダム湖が完成し、大量の水を貯えられるようになりました。湖上の汲水ポンプを追加すれば、もう水の心配はなくなります。

食料に関しては、ハチの巣を設置し、水生農場を建設しました。最終的にはパンとガマクラッカーを生産する予定ですが、今はニンジンだけで十分なので、とりあえず備蓄します。

陸上の施設や道に関しても見直しています。汲水ポンプなどは湖上に移転し、必要な歯車、紙、研究ポイントが集まったら、それらの施設を解体します。運搬の労力を考え、畑と植林の位置を入れ替える大工事もするかも知れません。

その後は徐々に住居を追加するのですが、しばらくは建てるだけで、入居はさせないつもります。食料の備蓄が十分になったら、一気に繁殖させる予定です。

サイクル10雨季 25匹

Diorama

水車を回すために水門を大きく開けたり、水が溢れて水門を閉じたりしていたら、画像のように川の水が涸れました。まだ早期アクセスなので仕方がありませんが、狭い範囲で水位を激変させると、水位がおかしい時がしばしばあります。

重い丸太を住居の近く、軽い食料を住居の遠くに植え替える予定だったのですが、このような不具合を考えると、水が涸れにくい中流に食料、水が涸れやすい下流に木材を植える計画に変更します。

サイクル10乾季 27匹

Diorama

マンションを建築しています。構造が分かりやすいよう、建築途中の画像でご紹介します。

階段を2つ上がって踊り場を作り、そこから廊下に繋げます。画像の手前側にも廊下を延ばし、その両サイドに住居を並べます。構造的に難しいのが階段部分で、特に折り返し部分は慎重に決めなければなりません。

現在でも結構な部屋数があるのですが、この段階で繁殖させても食料と水の消費が増えるだけなので、ほとんどを停止にして、25匹前後でコントロールしています。

建築命令だけなら、すでに最上階の手前まで作ってあります。最上階には、工場などを置くかもしれないので、決断を保留しています。

サイクル12乾季 41匹

Diorama

画像は、乾季の20日目です。ダム湖の水が2マス分ちょっと減っています。蒸発が1マス分あるでしょうから、もう1マス分を飲んだり放流したことになります。

北側のマンションが完成したら、ここだけで7000匹以上収容できる計算ですが、どう考えてもこの水量では足りないでしょう。十分なサイズのダム湖だと思ったのですが、この難易度では不十分のようです。

さらに堤防を高くするか、ダイナマイト不使用の縛りを止めてダム底を掘るか、迷ったのですが、当初の計画でどこまで増やせるか試すことにします。

サイクル14乾季 57匹

Diorama

ビーバーが増えすぎないように、建てた住居を小まめに停止していたのですが、うっかり時間を進めてしまい、ビーバーが増え過ぎてしまいました。増えた分はホームレスにして、徐々に減らします。

増えたビーバーを遊ばせておくのももったいないので、仕事を割り振ったのですが、今度は丸太不足になりました。このサイズのマップでは、ゆっくりと建築をしないと、すぐに丸太不足になります。食料が余っていることを考えると、畑を増やすのはもう少し先で良かったかも知れません。

サイクル15乾季 43匹

Diorama

丸太不足だったので、ニンジン畑と小麦畑を減らし、工場を解体し、メープルを植えました。マンション建築が終るまでは、このバランスを続けます。

第1地区の範囲を調べるため、道となる足場を先行してマップ端まで延ばしてみたところ、高層のマップ端は第1地区から外れていました。第2地区に分けるほどではないため、このままの計画で進めます。

工場を減らしたことで、必要なビーバーも減りました。45匹前後を維持しながら、マンション建築を続けます。

サイクル19乾季 54匹

Diorama

ビーバーが1日に飲む水は約2で、汲水ポンプ1台の1日の汲水量が約70(幸福度や労働時間による)なので、現状で生育できるビーバーの数は既にだいたい分かっています。マンションはまだ完成に程遠い状況ですが、この住居を埋めつくすことはどうせできないので、繁殖を開始することにしました。今は乾季の途中で、雨季まで残り24日です。

ビーバーを効率的に増やすために、幸福度の効果で寿命と繁殖力を上げます。屋上テラスをマンションの屋上に並べる予定だったのですが、移動時間がかかりすぎるため、低い位置にも2つ作っておきました。水生作物は、寿命が延びるセイヨウコウホネに切り替えておきました。

植林を畑に替える予定だったのですが、食料は既に十分あり、先に水が尽きるでしょうから、このままの植林を続けます。マンション予定地にある製材所なども、当初は解体して住居に建て替える予定だったのですが、このまま残します。

サイクル19乾季 183匹

Diorama

乾季の最終日の夜の様子です。24日間で129匹増えたのですが、もう水がかなり少ないです。ダム湖の水位が大きく下がり、一番深いところにある汲水ポンプ2台だけが稼働しています。

原因は、ダム湖が狭くて浅かったことが一番でしょう。今回はこのまま続けますが、食料が少し増えたことを考えると、畑も減らして大丈夫だったようです。

これまでの経過から推測すると、次の乾季の途中で水が切れることになりそうです。川への放水や放流は止めて、畑と樹木を枯らし、ビーバーの瞬間最大数を目指します。

サイクル20乾季 553匹

Diorama

サイクル20の17日目の深夜に553匹になりました。もう水が切れて、まだ乾季は18日残っていますので、これが今回の最大数です。死ぬ数より生まれる数の方が多くなる可能性も考え、念のためもう1日進めましたが、433匹に減りました。

ここで今回のチャレンジを総括します。

とにかく、ダム湖を大きく深くするのが一番重要です。食料は備蓄しやすいですし、住居は密集させることができます。難易度難しいでは、雨季は6日くらいですので、最終的には、湧いた水を全て飲み水に利用することになると思います。

細かなテクニックとしては、満員になった住居では繁殖しないので、小まめに部屋を確認し、満員の住居を停止・停止解除して、部屋を移動させると良いです。

アイアンティースの場合、繁殖ポッドにも水を消費するため、フォークテイルよりもさらに水が厳しくなると思います。究極までビーバーを増やしたいなら、フォークテイル一択です。